· 

なぜ柔道整復師&オステオパシー施術師になったのか?~第5話 オステオパシー専門の施術室SOWAKAスタート!~

  

こんにちは。健康工房SOWAKAの隆(たかし)です。

  

前回からの続きで、今回が最終回となります。
  
  
岩井先生には優しく、時には厳しく指導して頂きました。


 

ある日、少し慣れてきた私は、新しく学び始めたばかりの人と組んで練習をしていた際にちょっと格好をつけようとして素早くやってみたのです。
  
その瞬間
  
「やり方が雑になっています」
  
と厳しい声でお叱りを頂きました。

  

自分の浅はかな考えが見透かされていて、恥ずかしくなりました。

この出来事は私の中で、大きな戒めとなっています。
  
「常に丁寧に行うことを心掛ける」
  
私が施術の時に大切にしていることの一つです。
  
  
柔道整復師の資格を取るための勉強と、オステオパシー誇張法の勉強を並行して続けました。
  
専門学校では実践的な手技の勉強はあまりなかったので、オステオパシー誇張法の勉強は実践的で非常にためになったのです。
  
2015年の1月から岩井先生のもとで学び始めたオステオパシー誇張法は、2015年の7月に一通りのカリキュラムを終えて、修了証を頂き「オステオパシー施術師」となりました。


 

その後も、ときおり復習会に参加させて頂きながら沖縄での生活を楽しみ、2016年の3月には無事に専門学校を卒業。
  
国家試験にも合格し「柔道整復師」となることができました。

 

学校を卒業後、しばらくは沖縄の接骨院に勤めましたが、指圧マッサージがメインの院だったので、自分が本当にやりたいこと、オステオパシー誇張法を使う機会がありませんでした。
  
やっぱりオステオパシー誇張法を使った、自分だけの施術室をやりたい。
  
そこで岩井先生にも相談して、沖縄から実家の茨城に帰ることにし、2016年の10月にオステオパシー専門の施術室を開室しました。
  
施術室SOWAKA(現・健康工房SOWAKA)の始まりです。 


その後、
  
2017年の夏に今のパートナーひめみこと出会い、
  
2019年からはパートナーの地元、ここ群馬の前橋に場所を移して今に至ります。

  
  
全5回にわたる長いお話を読んで頂きありがとうございました。