· 

床に座る時の姿勢にご用心!

  

こんにちは、オステオパシー誇張法を用いた優しい力の整体『健康工房SOWAKA』の隆(たかし)です。
  
  
前回に引き続き、座った姿勢についてのお話です。
  
畳部屋などで直接床に腰をおろす機会の多い方は、たいていの場合は「あぐら」の姿勢で座っているのではないでしょうか?
  
しかし、この「あぐら」という姿勢はあまり身体(特に腰)には良くないのです。 
  
床に直接座る姿勢で一番良いのは、文字通り「正座」です。しかし慣れない人間が長時間正座をし続けるのは大変です。
  
ではどうすれば良いのか?
  
実は、あぐらでも簡単に良い姿勢をとれる方法があります。
  
それは、お尻の下にクッション(高さは15~20cmぐらいが目安です)を入れることです

  

  
これだけで楽に、正しい姿勢が作れます。
  
ちなみに、正座の時は、太ももとふくらはぎの間にクッションを挟むと少し楽になりますよ

  

  

一般的なリクライニング式の座椅子は、長時間使うのは避けた方が無難です。これは構造上どうしても前かがみ姿勢になるため、猫背になりやすくなるからです。
  
  

  

もしリクライニング式の座椅子を使いたいのであれば、背もたれが小さく腰だけを支えるタイプのものがおすすめです。
  
人間の身体は普段の生活をそのまま表します。日頃から姿勢を意識した生活を行うことが健康につながります。

  
  
~~~ご案内~~~

  
現在、新型コロナウイルス感染症拡大防止のための緊急事態宣言を受けて、前橋施術室・ひたちなか施術室ともに営業を休止しております。なお、お電話・メール・LINEでの無料健康相談は行っています。
  
  

施術のご予約はお電話・メールにて承っています。

前橋施術室「こねこほいくえん」では、施術可能な日時をご予約のページからご確認頂けます。

   

メニュー「オステオパシー施術」⇒担当者「こねこほいくえん」を選択してください。

  

ご予約ページからのオンライン予約は3日前まで受け付けています。

  

それ以降の場合、時間外の施術をご希望の際は、お電話・メールにて直接お問い合わせください。

  
また、LINE公式アカウントでは特別割引クーポンを発行していますので、ぜひご登録ください⇒https://lin.ee/14Ark1Z

もしくはページ下にあるQRコードからもご登録可能です。
  
  
ありがとうございました。