· 

間違いだらけのウォーキング!

  

こんにちは、アースヒーリング(旧・健康工房SOWAKA)の隆(たかし)です。
  
  
施術を受けて頂いたご利用者さまには、健康法の一つとしてウォーキングをおすすめしています。

  

1日20分程度のウォーキングは非常に効果的なのですが、やり方を間違えるとかえって状態を悪化させることにも繋がりかねません。

  

なので、今回はウォーキング時の注意について書きます。

  

まず、ウォーキングを行う際はきちんとしたスニーカーを履いてください。

  

たまに靴底を確認して、ソールがすり減っている場合は早めに交換しましょう。

  

クロックスタイプのサンダルは履きやすいので私もよく使っていますが、これをウォーキングに使用すると足に負担がかかり腰を痛めたり、ほかにも様々な不調のきっかけとなってしまうことがあります。

  

軽い買い物のときに使う程度であれば問題はありませんがウォーキングには向きません。

  

一本歯の下駄など特殊な履物を使う方法もありますが、これらはきちんとした指導者のもとで練習を積んでからにしてください。

  

歩くと身体に痛みが出るという方は、一度専門のお店でしっかりとした靴を作ってもらうことをおすすめします。

  

また、特に痛みがないという方でも、ウォーキング用として自分用に調整してもらった靴があると良いでしょう。

 

 

次に歩く時の姿勢について。

 

街中で、特に若い人たちに首から頭を前に出して歩いている方を多く見かけます。

 

スマートフォンを使いながらの『ながら歩き』は危険なのでもちろん厳禁ですが、それ以外にもこの前かがみ姿勢で歩いていることで多くの問題の原因となります。

 

首から頭が不自然に前に出ることで身体のバランスが崩れて首に負担がかかり、それが腰や足といった身体の問題、そして精神的な問題おも引き起こしかねません。

  

この姿勢だと目の前しかみえないため視野が狭くなり、人や物にぶつかりやすくなります。

 

さらに、肺を圧迫するため、吸い込む酸素の量が少なくなり、身体への酸素の供給量が不足して問題を起こす可能性すらあります。

 

ウォーキングをする際は背筋を伸ばし、両手をきちんと振って歩きましょう。

  

  

皆さんは歩いているときにつま先と踵、どちらが先に地面につきますか?

 

つま先が先につく、という方の方が多いかもしれません。

   

そういう方は、歩くときは踵を先につける歩き方を試してみてください。

 

身体が安定することがわかると思います。

  

お年寄りなど、つまずきやすい人はこの踵を先につく歩き方でをすることで転倒の可能性を低くすることが出来ますよ。

  

踵は『きびす』とも言いますが、以前言霊の研究をされている方から「きびす=気が生まれる場所のこと」と教えて頂いたことがあります。

  

ぜひ踵をさきにつける歩き方をお試しください。

 

 

そして最後にもう一つ。

 

どんな時でも痛みが酷いときはウォーキングを中止してください。

  

稀に、痛いのを我慢して歩けばよくなると思ったけど、余計と痛くなってしまったという方がいます。

 

自分の身体と相談して痛いときはやらない。これも大切なことですよ。

 

    
~~~ご案内~~~
  
施術2020年月6現在、ご予約はメールでのみ承っています。
  
施術希望の方は、earthhealing369@gmail.com までご連絡ください。
 
ありがとうございました。